社長ブログ > 会社関連

コマースの検索結果

すべての産業がIT化されて、「IT業界」という言葉さえ死語になるのは時間の問題だと思うが、弊社は今のところ「IT業界」に属する仕事をしている。
流通業界に特化したホームページの自動生成プログラムCMSツールの開発とメールマガジンの配信が主な仕事だ。
 受託しているショッピングセンター( 以下SCという)のアクセス状況をみていると全アクセス件数の約65~70%が検索サイトからのアクセスである。ブックマークや直接URLを入力してアクセスしてくるお客さまの方が少ないということだ。日本においては、検索エンジンは、GoogleよりYahoo!利用者が多い。携帯サイトでは、ezweb,Google,Yahoo!という順で、昨年からのezwebの利用者が急増している。
当然、Yahoo!とGoogleの検索結果順位のアルゴリズムは違うので、日本ではYahoo!対策を優先した方が高アクセスを獲得できることになる。弊社の受託しているサイトも弊社自身のサイト構築にも、この状況を考慮して運営してきているが、Google対策は時間的余地のない課題でもある。
ちなみに弊社の2007.6.25時点での検索結果は下記の通り
●ホームページ作成 ショッピングセンターのキーワード検索結果
 Yahoo!:1位/182万件  Google:1位/6.95万件
●メルマガ作成 ショッピングのキーワード検索結果
 Yahoo!:1位/383万件  Google:2位/37.6万件
●販売促進 ショッピングセンターのキーワード検索結果
 Yahoo!:1位/4.27万件  Google:14位/26.9万件
これらの結果は日々変わるので、常に上位をキープするのは、大変だ。上位への結果を表示を請け負う会社も登場している。このブログの立ち上げと同時にホームページもリニュアルしてGoogle対策を検証していきたいと思う。途中経過を報告していきます。