社長ブログ > 私的生活

ぶらり気まま旅

ここのところ多田富雄さんの「免疫の意味論」に始まって、多田さんの本を立て続けに読んでいた。
一段落したところで、何か面白そうな本はないかと書店へ行ってみたら、「三島由紀夫と川端康成の往復書簡」という文庫を見つけて、購入。面白くて一気に読んでしまったが、三島は饒舌すぎると思うが、川端先生は簡潔で静かな手紙。そういえばノーベル文学賞・受賞式でのスピーチが、「美しい日本の私」というテーマだったことを思い出し、後期の作品「山の音」「千羽鶴」「眠れる美女」を読んでみたくなって購入した。家へ帰るまで待てなくて電車の中や喫茶店で読み始めたが、これは都会の雑踏の中で読む本ではないなと思った。
今年の夏休みには川端氏の小説を2~3冊リュックに詰めてぶらりと、予定のない旅へ出てみたくなった。美しい日本の里へ‥。
ajisai.jpg