社長ブログ > 会社関連

絵になる風景

ひとくちに「本屋」といっても、書店によって品揃えやサービスの内容など、個性が明確になってきたように思う今日この頃。先週行ったレイクタウンの「TSUTAYA」で面白い売り場構成を目にした。
tsutaya.jpg
「TSUTAYA」なのでと言ったら叱られそうだけど、雑誌が中心の書籍店だ。そんな中で子どもの絵本売り場はまさに「ビジュアルマーチャンダイジング」の好例ではないだろうか。ちょっと目隠しにしているけれど、天井まである書棚はカラフルで人目を引き付け、階段式の椅子に腰かけながら子どもたちが、熱心に本を読んでいる光景は、魅力的な品揃えを表現するに、どんなキャッチコピーよりも説得力がある。
 私も一緒に絵本を読んでみたかったけれど、せっかくの「絵になる風景」を台無しにするところなので、諦めました。)^o^(