社長ブログ > 仕事関連

変わる「銀の鈴」

東京駅は、八重洲口を中心に、大改造工事中。白い防御壁に包まれて中々全貌が見えないが、
丸の内口から八重洲方面へ抜ける通路に、駅ナカ・ショッピングゾーンが出来ていたりして、驚きの変貌を遂げようとしている。
ginnosuzu.jpg
昔、東京駅で待ち合わせと言ったら、お決まりの「銀の鈴」も、かように変身。見え隠れするヴィコロのような路地の周囲には、お弁当屋さんやお菓子ゾーン、お花屋さんなどが集積され、しかもSuicaで精算できるわけだから、改札口外へ出て行きたくなくなりますね。これは魅力的なショッピングゾーンが出現したなあ。偶然通りかかった新・銀の鈴前では、「かりんとう」屋さんの前に行列が出来ていて、大ターミナル駅には不適切な光景ではありますが、それほど駅構内が魅力的だということで、新しい風景が生まれていました。