社長ブログ > 仕事関連

本屋さんのニューモデル

昨日近郊のSCへ出かけた折、面白い本屋さんを見つけた。新刊本の販売コーナーと中古本の買い取り・販売コーナーが一体化した本屋さんだ。
近頃では「本を買う」という行為に、コンビニ、ネット通販、中古本専門店、大型書店など複数のチャンネルを利用して買っている人が多いと思う。売る側からみれば中古本コーナーは効率が悪いということになるだろうが、買う側からすれば手持ちの本を売りに行きながら、新しい本を購入できるという一石二鳥のこの業態はありがたい。それに読み終えた本の置き場所に困るという生活スペース上の問題も解決してくれる。まさにリサイクル型生活提案の店でもあるわけで・・・。
futababook.jpg
 それに中古本の新刊コーナー?の品ぞろえがなかなか面白くて、1シーズン前の売れ筋がわかるわけだから、あれこれ見ている内に、1時間位はあっという間に過ぎてしまう。
 ただ広い面積だけを誇る本屋さんより、消費者の「買い方」のチャネルを品揃えした本屋さんの方が、ユニークでありがたい。ちなみにこの本屋さん、広島出身の会社でした。