WEB販促アーカイブ > デザイナーComaCoの東奔西走

モバイルメルマガの作り方 ~実践編~

●開封を促す効果的タイトルの付け方
PCでもモバイルでもどんなメルマガでもそうなのですが、“メルマガの配信タイトル”は変更することができます。
良いタイトル、開封されやすいタイトルを付けないと、内容がいかに充実していても意味がありません。
下記の一覧は、今年の夏バーゲンからクリアランス開始時期くらいまでに私の携帯電話で受信したメルマガタイトルの一例です。
(△△△と○○○は施設名と想定して下さい)
090917comako_01.gif
一覧で並ぶと、たった15文字の中でいかに考えて、タイトルをつけているのかが分かると思います。
ただ、内容は良いのにタイトルが全く関連性がない、少し工夫するだけでもっとよくなるのに、惜しいタイトルなどがありましたので、私なりに分析してみました。
この中で開封したい、読みたいメルマガ、ついついクリックしてしまいそうなメルマガは・・・?
090917comako_02.gif
このように、訴求力UPのポイントを盛り込む、また、毎回タイトルを変え鮮度を持たせることで、モバイルメルマガの「訴求力」・「開封率」をアップさせていくことがタイトルを付ける上で必要な点です。
●モバイルの特性を活かしたメルマガの作成表現例
モバイルのメルマガではPCとは別に、制限項目が多くあります。
その中でいかに訴求力を高め、ユーザーを引きつける内容にし見せていくのかがひとつのポイントとなると思います。
PCメルマガと少しかぶるところもありますが、モバイルの小さい画面の中でどれくらいの表現が可能なのでしょうか。
(1)顔文字
顔文字はPCでも多用されますが、モバイルでもまだまだ多くみられる表現です。
親近感を出すために会話体で文章を書くときと併用することが多いようです。
090917comako_03.gif
(2)テキストでの装飾
こちらもPCと同様、テキストメールによく使用されます。また、画像を多用できないモバイルのHTMLメルマガでは★■▲●+-*/などの記号文字に色を付けて、ある程度までビジュアルイメージに近づけた表現を行うことも可能です。
090917comako_04.gif
(3)半角カタカナ
画面サイズが小さいモバイルは、いかに文章を少なくしてサイトに誘導させるかが重要になってきます.その際、全角で1文字使用していたところを1文字で2文字使えるようになれば、画面使用量を節約でき、その分効果的な配信を行って行くことができます。
090917comako_05.gif
この他にも、全て半角カナだと逆に読みづらくなってしまう部分、また、目立たせたい部分だけを全角カタカナを使用する、という使い方も有ります。
また、いずれも注意しなければいけないのは、
「配信するユーザー」にとって違和感のない、不快感を覚えない、見やすい表現を心がけること。モバイル特有の表現は、使い方を少しでも間違えると、一方では受け入れられる表現が他方では嫌悪感を覚える表現になりかねません。
●サイトへいかに誘導させるか
(1)受け手ページの充実を!
・受け手になるページに、さらに詳しい&ユーザーが知りたい情報が掲載されて
いないと、次回からユーザーはアクセスしてくれなくなる。
→メルマガでの誘導はもちろん、受け手ページの充実が重要。(MD情報の発信)
(2)メルマガだけで完結させない
・メルマガ本文に全ての情報を書いてしまうと、そこで完結してしまうためサイト
へジャンプしない。
→モバイルは画面が狭く、表示できる文字数に制限があるため、一文が長くなり
すぎないよう20~25文字程度で掲載しサイトへ誘導させる。
(3)目的やターゲットによってメール種類を使い分ける
・例えば「セール日程の先行告知」はショートメール、「詳細なセール情報」は
HTMLメール、と内容によって配信メルマガの種類を使い分ける。
(4)開封され、閲覧されやすい時間帯に配信する
・例えば夕方の帰社時間に合わせた配信を行い、電車の中で閲覧してもらう。
また、ランチ前にメルマガを配信しクーポンのお知らせをする、なども。
●まとめ
・タイトルを毎回変え、訴求力・開封率をUPさせる
・メルマガの種類をミックスして使い、日程・時間帯に考慮した配信を行う
・視読率を上げる
・受け手ページであるサイトの充実を行う
・ターゲット×モバイル特性を考慮した、タイトル・内容にする
モバイルメルマガをいかに効果的に使って行けるか、上記のまとめにとらわれず実践やユーザーの反応を反映させ、より効果のある使い方を模索して行かなければならないと思います。
★モバイルのメールマガジン作成・配信にご興味をお持ちの方は、お気軽にお問い合わせください。