社長ブログ > 仕事関連

東京自慢

東京駅がどんどん変わっていく。2011年には創建当初の3階建ての駅舎が復元されるらしい。丸の内側、八重洲側とも緑の広場などが整備され、皇居も含む周辺エリアの回遊性が高まるようだ。まさに日本の玄関口にふさわしい顔造りが進行中!
そんな中で、JR東日本が先月、駅構内にまた新しいショッピングゾーン「South Court」がオープン。31店舗で構成される食品や工芸品などが並ぶエキュート。紀伊国屋の買収といい攻めていますね~。
tokyost01.jpg
1日200万人以上の乗降客が利用するターミナル駅だから、次から次へ商業施設が集積されても、お客さまでごった返し活況を呈している。こんなにショップが充実している駅って世界中どこ探してもないだろうな。日本の駅はすごいですな!
そんな日本の首都・東京で以外と「東京みやげ」って、探すのに苦労する。デパ地下には老舗ブランドから海外有名店まで何でもあるけど、東京名産といえば、「虎屋の羊羹」か「福砂屋のカステラ」位?
tokyost02.jpg
そんな時、東京駅で手軽に東京土産が買えるから便利だ。そんなニーズを対象にしているのか、ここ東京駅構内のショッピングゾーンは「東京みやげのNewスタンダート」的ショップが目白押し。時々買物をするためだけに、入場券を払って入らないと買えないので、ショッピング目的券みたいなものを発行してくれないかなあと思ってしまう。
今、東京駅構内には行列が出来る店が続々増えている。新しいゾーンではカステラの「Hana SYUMPOO」という店が大盛況。TVや雑誌などで取り上げられた事もきっかけになっているようだけど、半熟カステラが人気だそうで、そそられますね。価格帯といいパッケージのお洒落感といい、まさに3拍子揃ったお店が勢ぞろいです。
東京駅の変容ぶりと共に、「東京自慢」が増えていくのがいいですね。