社長ブログ > 会社関連

見えない汗

ひと昔なら「ひと汗、かきますか?」といえば、身体を動かして頑張るという意味で使われていた言葉も、バーチャルな世界ではほとんど使われることがない。「汗」が見えないのだ。
ここのところネット業界では、バイラル広告手法「Twitter」や「Flash marketing」、「Ustream」など新手の口コミ手法で活気づいている。殆どのツールが無料で使えるのと、ユーザーの書き込み=口コミを利用した拡販効果が得られるので、注目を浴びている。ECサイトはこうした新しい手法をいち早く取り入れ秒単位での販売活動を展開している。
いとも簡単に情報を収集して購入できるサービスを利用していると、それが当たり前のサービスのように思われるが、通販サイトの運営者たちは、いっぱい「汗」をかいている。
秒単位でサイト掲載→販売→配送している通販サイト、必要でかつ有益な情報を抽出して配信しているフィルタリングサービス等など、そのスピードとカスタマーサービスの丁寧さ、またアクセス解析などの分析と改良までのPDCAの継続。息つぐ暇がないほど、ハラハラドキドキの連続だろう。
その上、サイバー攻撃など目に見えない敵への備えとリスク軽減の努力は、通常稼働しているのが当たり前なのだから、外部からは視認できない。
hills.jpg
急成長しているネット通販ビジネスだが、考えてみればリアル店舗の小売業よりECサイトでの販売の方が難しいかもしれない。利用者は全国、幅広い年齢層、職業、家族構成など皆目分からない相手に商品を売ろうとするわけだから。販促手法といっても、メルマガや価格訴求、口コミ広報など限られている。
しかも、ネットは新しいニーズや自分の知らない商品情報を入手するには、他メディアや小売店より劣勢と言わざるをえない。やはり実空間での商品や情報に出会う偶然性や多様性にはかなわない。リアル店舗での商いは「汗」も見えるし、商品そのものの圧倒的存在感をアピールすることができる。
長引く景気低迷への諦めや競合の見えない「汗」にリアルマーケットは、慢心しているという事はないだろうか?ショッピングの楽しさやモノ作りへのこだわりなど、もっともっとインターネットを通して発信していきたいと思う。