社長ブログ > 私的生活

Porscheの夢

昨晩、久しぶりに夢を見た。楽しい夢だったなあ。
ポルシェの新車がわが家に届き、得意になってハイウエイをブンブン乗り回し(時速160Km位?)ているのだが、「コーナリングがイマイチだな」って思いボディを見たら、それもそのはず、車体はカヌーで、エンジンと内装がポルシェなのだった。自分が乗りたい乗り物2つが合体して表れたから、この夢は最高に気分が良かった!
ポルシェは20年前に乗っていたので、その良さは十分体験しているが、今の生活環境で車は必要ないし、なんといっても地球環境を考えると、嗜好品として車に乗るのは罪悪感が伴い、諦めた。それが今また、何故ポルシェなのだろうと・・・?。
porsche.jpg
数日前、Porscheのfacebookを見て、再び「欲しい!!」と思ったからだ。今日時点でファン数は2,554,045人に達成している。話題にしている人150,105人。毎回のコメントに対する反応は瞬間的に世界を飛び回りもの凄い数のレスポンスを獲得している。
例えば、Porsche Boxsterのニューモデル紹介コメントには、7,830人の「いいね!」、シェア数:1,263件 コメント数:315人 な~んていうのはざらだ。
このfacebookワールドって、凄い事ですね。世界各国のポルシェファンに新車紹介動画を届けようとしたら、一体どの位の広告宣伝費用がかかるんだろう!マス媒体のリーチ率を1%と想定しても、250万人に視聴してもらうには2.5億人に発信しなければならないとすると・・・、分からなくなってくる。
それが「タダ」なんですよね!この事にいい意味でのショックを受け、「ポルシェ」という製品を作り、販売している企業への羨望とカッコよさを感じて、益々「欲しい!!」が募ってしまったのだ。その渇望が夢となって表れたんですね~。
それは、ポルシェだからでしょう?と必ず誰かが反論しそうだけど、「ポルシェ」でなくとも土屋鞄製造所の例がある。要はどれだけマーケット規模にあった、顧客層を持っているかどうか、増やそうとしているかの問題だと思う。ブランドの認知度があれば活用できるというものではない、ソーシャルな社会を信ずるかどうかだと思う。
やっぱり、facebookは面白い!