NEWS > てくてくアーカイブ

第45回 八丁堀てくてくガイド「麹屋三四郎酒舗」

最近、ここ八丁堀界隈は、新しいお店が増えてうれしい限りです♪ 先日も偶然歩いていて見つけました^^

今回は、この「酒の駅」という看板を掲げる「麹屋三四郎酒舗」を紹介したいと思います。どんな店かというと酒の卸、小売り、そしてドリンクインが楽しめるお店です。ちょっとハードル高い取材でしたが、素人でも気さくに受け入れてくれる「酒師」の藤田黎一さんのお人柄に魅かれて、つい長居をしてしまうお店です。

酒店頭

藤田さんは、以前スコットランドでスコッチを作られたり、米国でバーボンを作られたり世界中を飛び回ってお酒を造っていたそうです。ある和食店でお酒のアドバイスを依頼されたことがきっかけで、日本酒を探求し、現在はお酒の相談所「麹屋三四郎酒舗」を営むという経歴の持ち主。その傍ら、「日本酒 夢中倶楽部」の運営や「蔵元1泊2日」ツアーを開催したり・・と、お酒文化と発酵文化の振興に尽力されています。

酒店主

試飲だけでも、じっくり飲みの方でも気楽に立ち寄れる雰囲気をお持ちの方です。店内には地方の有名酒は敢て置かず、東京ではなかなか飲めない地方の名酒をお薦めしているそうです。

取材班は、お酒に関する知識や嗜好があまりにも貧しいため、お酒が大好きな友人を誘って行ってみました。酒師藤田さんのお薦めする日本酒と、自己セレクトのお酒をチョイスして、大満足☆

酒つまみ

この日いただいたのは、「おっほー」「大納川」「白神」「白鴻」「関山」「奥」「しぼりたての純米大吟醸」

そして、これらの名酒に負けないお通しも美味!

鰊の麹付、チーズの麹味噌漬け、糟の味噌漬け、‥等純米酒、大吟醸に負けない濃厚な逸品が次々と運ばれてきます。お酒好きにはたまらないですね♪

私のような下戸には、もったいない限りですが、日本の土地が創造する米と水、そして麹の調合によって生まれる酒文化に触れた貴重な体験でした☆

ちょっとほろ酔いかげんで外に出ると、皆既月食の夜。酒に酔い、月に見惚れる。いい感じの取材でした(*⌒∇⌒*)

ぜひお運びください。

「麹屋三四郎酒舗」facebookはこちら>>

住所:東京都中央区銀座1-23-4東海ビル1階 (営業時間・10:00~22:00 定休日・日曜祝日)

20141008_203552

一緒に働きませんか? コマース求人情報はこちらから>