コマースLAB > Shoppingの現場から

大丸東京に話題の「lib tokyo」3/3(金)Open!

ここのところ東京駅の地下街に続々とオープンする商業ゾーンのレポートを当サイトで紹介していますが、今回は大丸東京百貨店のニューショップの話です。

3/3(金)、大丸東京店では初の衣食住一体の編集売場「Lib Tokyo」がオープンして話題になっています。6Fに130坪のゆったりとした空間が誕生しました。アパレルは勿論、書籍、雑貨、カフェアを併設しています。

広い売り場

窓から東京駅を見下ろしながら軽食とクラフトビールも味わえます。広い売り場なのにセレクトされた商品がゆったりと陳列されているので、たっぷりと時間をかけて回遊したい開放的な売場空間。葉山の人気ショップのオーナー高須勇人氏がプロデュースする衣食住を編集した大丸初のコンセプト型セレクトゾーンだそうです。

コンセプトは、都会の中で海辺のような風を

カフェ

東京駅の喧騒とは隔絶された心地よく時を過ごせます。定番のシャツやジャケット、パンツ、帽子・・どれも日常使いしている馴染みのアイテムですが、もう一枚欲しくなるカラーや素材、フォルムが気になる商品ばかりでした。お値段もお手頃です。移動の隙間時間など東京駅へ行かれたら、ちょっと覗いてみたくなる売場でした。

小物
吊るし
※『Lib』という言葉は、“Life is? beautiful”(生活を美しく彩る)、“Live in Tokyo”