コマースLAB > ソーシャルノート

みんな使ってるLINE、活用術!

20170428-492-2
さて、SNSについては前回の記事でまとめました。
SNSを活用しきれていますか?

今回はLINEを取り上げて、
リアル店舗はどのように販促ツールとして活用して
集客・売上につなげていけば良いのでしょうか?

◆みんな使ってるLINE、活用術!
────────────────────
現在の販促ツールで不動の位置になりつつあるのが
「LINE(LINE@)」ですね。
国内利用者数6,000万人以上、ほとんどの人が使っているツールです。
毎日、家族や友達、同僚と交流するのに
利用されているのではないでしょうか。

現在はこのLINEを店舗や商業施設が活用して、
それぞれのアカウントでお友だち募集をして
メッセージを配信することで販促ツールとして
利用されています。

開封率がほぼ100%と、お友だち登録されていれば
情報が届けられるというのが大きなメリットです。
ただし、情報の掲載量が少ないことや
配信後の効果がほぼ1日しか持たないことが
デメリットとして挙げられます。

では実際にどのように活用すれば効果的に使えるのでしょうか?
お悩み別にまとめてみます。

①友だちが増えない
まずはWebサイト、館内、店頭で
“LINE友だちになると受けられる特典やメリット”の
告知しましょう。
スマホサイトからは特に“友だち追加ボタン”を
全ページのフッターなど押しやすい箇所に設置して
1タップで登録してもらえるようにしましょう。

スタートしてしばらくは第1段階のユーザー、
コアなファンの方や、新着情報を受け取りたい
積極的な方が登録をしてくれるので、
ある程度の友だち確保はできます。

但し、徐々に数が増えなくなっていきます。

そのあと第2段階のユーザー獲得まで
裾野を広げるため、
LINEクーポンやイベントと連動した優待サービスの提供など
一方的に配信・提供するだけではない、特典や魅力を
提供していき友だち獲得をしていきましょう。

いままで弊社が実施した事例を
下記にご紹介します。

▼事例(1)
夏休みイベント入場料100円割引クーポン配布
⇒事前告知期間あわせ、約800名増加

▼事例(2)
1日100名様限定ワークショップの優待参加クーポン配布
⇒当日に約20名増加

▼事例(3)
クリスマス抽選会の抽選回数+1回クーポン配布
⇒抽選期間中に約1,000名増加

実際に館内のイベントやワークショップなどと
連動した施策を実施すると友だち登録が増えます。

②ブロックが多い
LINEはメルマガと違い、とても簡単にブロックができてしまいます。
そのため、1回の配信毎のブロックが
メルマガの退会と比較して高くなる傾向にあります。

配信を開始してから半年程度で全体の友だちのうち
おおよそ約20%がブロックするというのが
弊社の実数値としてあります。

但し、メルマガと比べ、メルマガは退会あるいは宛先不明になると、
再登録していただくしかなくなりますが、
LINEはあくまで“ブロック”なため
“ブロック解除”していただければ
再度メッセージを送ることが出来るところがいいですね。

このようにLINEの特性を理解したうえで、どう活用してくか
考えなければなりません。
「ブロックが増えるから配信しない」では、
そもそも友だちを集める意味がありませんので
“ブロックされることを前提に”配信を行いましょう。

配信のコツとして、
・お客さま(友だち)が知りたい情報をお届けする
・受け取ると何かしらのお得がある
・友だちになっていると便利
・最適な時間帯や曜日に配信される
と思っていただけるような配信計画、配信後の効果検証を
行っていき、継続して友だちでいてもらえる方法を
確立できれば、ブロックを防ぐ/ブロック解除をしてもらえ
効果的に活用ができます。

③配信タイミングがわからない
現在、リアル店舗、ECサイト、ブランド関わらず
配信は木曜・金曜に集中して多いようです。
時間帯は、
パターン1:朝(8:30~9:00)
パターン2:昼(12:00)
パターン3:夜(18:00)
3パターンに大きく分けられます。

ユニクロは金曜/日曜で朝8:30に配信をしていますが、
SCなど商業施設ではイベントの立上り前日だったり
土日の集客に向けてだったりと
告知解禁日や今までの告知スケジュールに
合わせての配信が多いようです。

ただし、LINEは前告知が必要なもの以外は
「本日スタート」の方がクリック率が高くなる傾向にあり
当日配信もおすすめです。

▼事例(1)
フェア立上り前日配信と当日配信でクリック率を比較
⇒当日配信のクリック率が前日配信と比べ約160%UP
gurahu
↑当日配信と前日配信したクリック比較、当日の方がアクセスの山が大きい

▼事例(2)
抽選会立上り前日配信と当日配信でクリック率を比較
⇒当日配信のクリック率が前日配信と比べ約366%UP

先述しましたがLINEは配信後の効果がほぼ1日しかもちません。
これは、LINE利用ユーザーの特性上、
・スマホでメッセージを受け取る

・すぐ開封する

・興味があればその先をクリックする

そのあとは、友だちや家族など他の
トークで埋まってしまい
次の配信がないとほぼ100%2回は開かない、
という傾向にあるからです。
gurahu2
↑LINE配信のクリック効果はほぼ1日のみ、メルマガは配信後も2~3日はクリック効果が継続する

もちろんこれは一例のため、そのSCやお店の特徴、
友だちの状況を鑑みたうえで、
何度か配信トライアルを行い効果検証を繰り返しながら
配信や告知タイミングなど
スケジュール立てていく必要があります。

また、いくら配信タイミングや内容(画像)が良くて
クリックされやすくなっても
リンク先のWebサイト内容が貧弱(PDFはNGです!)だと、
次回以降クリックしてくれなくなってしまいます。

前回の記事でも書いたように、
まずは“最新情報が集約されたWebサイト”を基盤に
そこへ集客させるためにいかにLINEを使っていくか
LINE上だけでなくWebサイトまでの導線をきちんと
計画していくことが必要です。

弊社では、SC専門のWebサイト構築システム「SES」のほか、
LINEやメルマガをはじめトータルにサポートしています。
ぜひお気軽にご相談ください!
お問合せはこちら