社長ブログ > 会社関連

ちぇすと~!祝☆新社会人

作日は、インターン生として一緒に働いてくれたYさんのささやかな送別会をしました。「新社会人」と称されるのは人生で一度切りのことですから、不安もあるでしょうけど、フレッシュな気持ちで新しいスタートをきって欲しいと思います。

これよりは恋や事業や水温む  虚子

八鍬さん送別

そこでこれから社会人になる方へ、ちょこっとだけ先輩の私から、メッセージを贈らせていただきます。これは今でも自分に戒めていることで、私も感得していることではないのですが、この3つのことができるとよい方向へ人生は進んでいけるのかなあと思うようになりました。同じ時代に生きる働く同士からのメッセージとして受け止めていただければ幸いです。

1)信じること

2)継続すること

3)自らが変わること

「信じること」は自分を信じるということもありますが、家族や友達、同僚含め自分を支えてくれる人を信じるということです。どんなに仲が良く気持ちが通じている人でも、ちょっとしたことばや環境の変化、第三者からの情報で、その信頼が揺らぐ時があります。その人の来し方行き末を見据えて、迷ったら「信じる」という選択をすることです。

「継続すること」は、私が最も苦手とすることです。とにかく飽きっぽいのです。好奇心は旺盛なんですが、一つのことを続けるということがとても難しい。会社だけは長く続けられていますが、これはひとえにスタッフやお客様、関係各位のご支援の賜物であって、自分一人だったらとっくに止めていたと思います。何度もそういう選択に直面したことがあるので、今、こうして事業を継続できているのは、先人や仲間の支えがあってこそ可能だったと痛感しています。

チューリップ

「自らが変わる」これが一番難しいかもしれません。余程の達人でない限り、自らはなかなか変われないものです。でもある出会いがきっかけで変わることができると思います。例えば、恋をするとか、就職するとか、結婚をするとか、出産をするとか、病気になるとか・・、人との出会いが自分を変えてくれる絶好の機会のように思います。

縁結び

ただ一生懸命働くことだけではなく、人生をよい方向へ導いてくれるのは、人との「縁」を大切にすることなんだなあとこの頃思います。この人は好きだなあ、この会社はいいなあ・・と思ったら、食事をしたり遊びに行ったり、仕事を一緒にしたり・・、年賀状を出し続けることだっていいと思います。これからの長い人生で自分と気の合う人がいたら、尊敬できる人に出会ったら、自分を叱ってくれる人がいたら、keep contactすることは、20年、30年、40年、50年後の未来をきっとよい方向へ導いてくれるでしょう。(なんだか占い師のようですが^^)

悩んだり、困ったり、嬉しかったり、悲しかったり、これからいろんな体験を繰り返していくことでしょう。

でも、人生は素敵です!

楽しんでください。ちぇすと~~ヽ(´∀`。)ノ゚