コマースLAB > SESレポート

【結果報告】2018年実施:ショップ利用状況アンケート


2018年2月~3月に、弊社SES導入SC店長さんへ「ショップページ更新に関するアンケート」を行い、回収済の回答集計をまとめましたので報告いたします。

今回のアンケート結果のポイント

1)アンケートの有効回答数は7SC合計の計428店舗。回収率は全体の66%。(前年比+23.7%)
2)ショップページを更新したことがあるショップ割合は全体の72%。(前年比-7.6%)
3)更新を頻繁にしようと思うきっかけは「自店のアクセスPV数を見た時」「店長会でホームページの話を聞いた時」が多い。
4)更新頻度の高い店舗は、来客数・掲載商品の認知・掲載商品の販売数などの増加を実感。当番制にして更新している店舗ほど、更新頻度が高い傾向にある。
5)ショップページ以外で販促活動に利用しているメディアは「LINE@」や「instagram」などSNS利用が目立ち、またSNS利用数も全体で増加傾向にある。
6)「更新したことがない」と回答した店舗(27.9%)は、「自店のwebページを店長さんが更新できる仕組み自体知らない」という回答が半数を占める。※Devさん向け管理画面に更新方法や仕組みを説明するページを掲載してますので、活用ください。

■2018年店長アンケート集計報告
自店のショップページを更新したことがあるか、との質問には全体の72%の店舗が「更新したことがある」と回答。
前年と比較し「更新したことがない」店舗が1割増加。

今年度からショップ更新項目ごとの集計ではなく、ショップページ更新頻度として集計を行った。
結果、「月に1回以上の更新」が約6割となり、「月に2~3回更新する」ショップが最も多く34%、次いで「2ヶ月に1回」が32%という結果になった。

さらに、更新を当番制にしている店舗の約8割が「月に1回以上」の更新頻度につなげていることから、更新モチベーションを上げるために当番制にすることが有効といえる。

更新によるお客様の反応については、「掲載している商品が売れるようになった」「ホームページを見て来店する方が増えた」「掲載商品のことを聞かれることが増えた」との回答が多く、ページの更新が集客につながっていることを実感している店舗が多い。

更新を頻繁にしようと思うきっかけについては、「自店のアクセスPV数を見た時」が最も多く104件、次いで「店長会でホームページの話を聞いた時」が87件となった。
PVはお客様の反応が目に見えてわかる指標の一つとなっていることから、更新のきっかけにつながっている。

更新する際に注意及び心掛けているポイントについては、「キャッチコピー(文章)」が最も多い135件で、次いで「写真撮影・撮影場所」が109件となった。
店長自身が更新内容を工夫し利用している傾向がみられる。

また、更新する際の通信環境については、「端末で契約の通信回線」が160件と最も多く、次いで「更新にスマホやタブレットは利用していない」が84件となった。

ショップページ以外に集客に活用している他メディアについては、「特に活用していない」ショップが最も多い148件で、次に「instagram」が74件、僅差で「LINE@」が72件となった。
他、「twitter」と「Facebook」も利用は多く、総じてSNS利用は活発といえる。

ショップページの更新を「したことがない」と答えた店舗は、そもそもショップが更新できる仕組みを知らなかったり、更新の仕方がわからないといったことが多い。
前年と比較しいずれの数も増えていることから、店舗への認知が急務である。

更新頻度の高い店舗では、お客様の来店につながっている
ショップページの更新頻度とお客様の反応について、クロス集計を行った。ショップニュース・商品情報ともに、頻度の高い更新が来店につながる実感を得ている店舗が多い。

※アンケート実施期間:2018年2月・3月

アンケートにご協力いただいたSCの店長さん、ありがとうございました。皆様のご意見やご要望を参考にして、さらに販促効果を実感していただけるようなサービス改善に努めてまいります。