コマースLAB > アクセス解析tips

Googleアナリティクスが「ユニバーサルアナリティクス」へバージョンアップ!

ユニバーサルアナリティクス_r1_c1

WEBサイトのアクセス解析ツールとして、最も多く利用されている「Googleアナリティクス」ですが、2014年4月に「ユニバーサルアナリティクス」として新バージョンが正式にリリースされ、早期の移行が推奨されています。

ユニバーサルアナリティクスでは、より実体に即した訪問数を容易に計測できるようになります。

例えば

  • セッション(訪問)のカウント方法を細かく設定でき、不要なカウントを軽減できます。
  • 参照元やソーシャルメディア、キーワード検索など、より細かく分類でき各種測定結果の正確性を向上させることができます。
  • 同一サイト内で異なるドメイン(サブドメインを含む)を行き来した測定の設定が容易になります。(クロスドメイントラッキング)
  • 1人の訪問者が複数のデバイス(PC、スマホ、タブレットなど)でアクセスした情報を紐づけることができるようになります。
    ※ログインが必要なサイト(ECサイトやSNSなど)で有効。

その他、解析結果の表示や、解析メニューの仕様変更なども順次行われており、今後追加される新機能についてもユニバーサルアナリティクスのみで提供されます。

ユニバーサルアナリティクスへ移行する手順は2つあります。
①アナリティクスアカウントの設定変更(ユニバーサルアナリティクスへ切替)
②トラッキングコードの変更(サイト内解析コードを新しく差替え)

①の「アナリティクスアカウントの設定変更」は自動でユニバーサルアナリティクスの設定へ切り替わりますが、②の「トラッキングコードの変更」は手動で、アクセス解析をする全ページの記述を差し替える必要があります。

従来のGoogleアナリティクスのまま運用を続けていると、設定によってはセッション(訪問数)が増減したり、データが壊れるなど、正確なアクセスが取得できなくなる可能性もあり、前年や前月を参考にする場合、誤差が生じることにもなりかねません。
明確なサポート終了日は公表されておりませんが、「ユニバーサル アナリティクスが新しい運用基準となってから 2 年後にサポート終了」とありますので、早い時期、少なくても今年から切り替えておいた方がよいと思います。

弊社の管理するサイトでも順次、移行対応を進めております。
規模の大きなサイトは検証などにも時間がかかります。対応がまだという方は、早めの移行を検討しましょう!

詳しくは下記URL「ユニバーサル アナリティクスについて」をご覧ください。
https://support.google.com/analytics/answer/2790010?hl=ja

一緒に働きませんか? コマース求人情報はこちらから>