コマースLAB > SESレポート

効果的なショップページは写真がポイント★更新テクニック

質の高い(検索キーワードに対して)情報がテキストでしっかり入ったショップページは、検索エンジンからの誘引が図れ効果的です。一方で物販の場合は特に、ページまで誘導できたら商品の「写真」が、細かい説明よりも分かりやすく、商品の魅力を伝えてくれます。

◆スマホの編集機能を活用しよう①<構図編>
よくある残念な例の第一位は、商品を「引き」で撮ってしまう例。
最初からベストな構図で撮影するのは難しいものですが、撮った後でも、スマホの編集機能で簡単にトリミングできます。

◆スマホの編集機能を活用しよう②<明るさ・色調補正編>

よくある残念な例の第二位は、照明の関係で写真が黄色くなったり、暗くなったりする例。
専用アプリも多く出ていますし、iphoneなどの機能の範囲内でも、充分に明るさを補正する事ができ、写真の印象はもちろん、商品の魅力はグッとアップします。
黄色くなってしまった写真は、「青より」に調整しましょう。写真では「露出」や「ホワイトバランス」など調整しました。



ちょっと撮った後に補正するだけでも、明るさや色味が補正されました!

◆研修会などで実演できると効果的です!

先日の研修会では、「撮った後の編集」を実演して研修したところ、これまで照明の関係から、明るさの足りない撮影が多かったショップも、きれいな画像を更新する様になりました。

ほんのひと工夫で撮影の質が上がれば、より魅力的な商品情報を発信でき、実売につながるネット販促が展開できますね。