コマースLAB > SESレポート

2015.「店長アンケート」にみる売場からの要望

毎年この時期、弊社のシステムを導入していただいているショッピングセンターの店長さんにホームページの利用状況を聞いています。弊社のCMSはSCに出店しているお店ごとにページを割当て、店長さんが更新できる仕組みなので、定期的に調査を実施しています。アンケートの結果は、利用状況を把握し、私たちが何をサポートしていけば、もっとお役に立てるweb販促を支援できるのかを検討する貴重な参考資料です。

これまで、こうしたアンケート結果からシステムの機能改善は勿論ですが、更新促進のための研修やHOWTO情報の提供など、支援できるサービスを拡げてきました。研修は年々要望が増え、実施したSCさんのサイトは必ずアクセスも向上するので、楽しみでもあります。

何故、当社は店長が更新する仕組みにこだわるか?

店長さんが一番自店の事を知っているからです。ホームページを自分で更新していると、お客様との接客や売り場展開にその反応を活かせるからです。これを人任せにしてしまうと、いつ掲載されてどんな位置づけになっているのか分からないし、お客様がなんの情報を見て来店されているのか把握しにくくなります。大抵のショップには本部サイトがありますが、同じチェーン店でも売れる商品は違うし客層も違いますから、自店のPRを自分たちでできるのが良いと実感していただいています。

SCは専門店の集合体であるという魅力を、全員で発信していく。SCには、その店舗の数だけニュースがあります。販売のプロが持っている資源を活用する事こそ、ショッピングの現場を活性化する手段であると考えます。検索エンジンからのアクセスが多いのもこれに起因していると言えます。

スマホ主流の時代、「旬」の情報鮮度を保ち、どこからでも、いつでもお客さまとの接触点を増やしていく。それを体得した店長さんこそ、ホームページも更新し、成果を上げています。

今回はその一部を報告いたします。

アンケート調査は質問用紙を配布し、留置き方式で回収する。平均回収率は59.2%。

■更新頻度は「ほぼ毎日」という店長さんが増えています。中には1日に何回も更新する店長さんも^^

■自店で更新できる仕組みに対しては90%以上の店長さんが好評価。

更新頻度

■お客さまの反応は?

クロス集計

更新頻度が高い程、お客様からの反応は高くなります。またニュースや商品写真情報、店長Voiceなど内容が豊富になるほど、反応は高くなる傾向にあります。特に今回は「求人への問合せが増えた」との回答が増加し、私たちもやりがいを感じました。

人手の確保は店舗販売にとっては、最も重要なファクターです。求人広告への出稿やスカウトなど費用や手間がかかる手段より、店長が発信するショップページから採用できたら時間もコストも削減できますし、そして何よりそのショップが好きな人を確保できるので、いいですね♪

今、研修会で求められていることは、撮影テクニックや効果的コピーの作り方など掲載情報の質的な向上に関する依頼が多くなっています。これに応えて私たちもさらなる提案力で、支援サービスを強化していきたいと思います。

一緒に働きませんか? コマース求人情報はこちらから>