コマースLAB > アクセス解析tips

「not provided」クエリを解析する方法

検索キーワードの内容が把握できない状況(not provided)が2013年頃から
始まっていました。
https://www.cmrc.co.jp/2013/09/2785.html

現在は当時よりもっと増え、全体の検索流入のうち約半数が(not provided)になってしまっています。
そのため、ある程度の検索ニーズは分かるものの、詳細なデータ分析ができませんでした。

そんな中、ついに隠された検索キーワードが分かる「検索アナリティクス」が登場しました。
※参考:Googleウェブマスター向け公式ブログ

掲載順位やクリック数、CTR(クリック率)をグラフで比較して解析することができるツールです。

例えば、下記のように使えます。
★「A」というキーワードで表示回数は多いのにCTRが低い

原因)検索結果で表示されるランディングページのタイトルや説明文が分かりづらい

対応)タイトルコピーや説明文の修正

検証)CTRを確認

まだベータ版のため、上位999位までの解析しかできませんが、ページのアクセス数を増やす手法として活用してきたいと思います。

マンゴ

一緒に働きませんか? コマース求人情報はこちらから>