NEWS > プレスリリース

みんなで盛り上げるSCのネット販促とは?-1)

SCの魅力ってなんだろう?

私たちは以下のようなSCの魅力に焦点をあてて、「SES」を設計しています。そして導入後のネット販促を通して、その魅力発信をバックアップしていきたいと考えています。

1)SCには生活に必要な商品やサービスがなんでも揃っている

→全店の店長が発信することによって、その魅力を伝える。

※ファッション店や飲食店だけでなく、スクール・カルチャー系、リラックス&ビューティ系、銀行、病院や郵便局など公共サービス系、ディスカウントショップやリフォーム系など幅広い生活必需品が1か所にまとまっているのが、SCの魅力の一つであると。

だからそのサービスの幅を生活者が「探せる」、生活者に「届けられる」webサイト構築を目指しています。さまざまな生活ニーズに対応するこれらのSCのサービスをナビゲーションできるよう、Googleにindex化されるSEO対策を施しています。

2)買い物だけでなく1日中いても退屈しないサービスが揃っている

→SCには買い物だけなく、イベントやワークショップ、映画館や遊び場等さまざまな施設・サービスでお客様がすごせる「時間」があります。猛暑日の続く真夏でも、厳寒の冬でも、安心して過ごせる空間であることもSCの魅力の一つです。

※だからイベント情報などをカレンダー形式や、全ページへのフッター形式で掲出することによって、多くのお客様にお知らせできるように設計しています。生活歳時に合わせたイベントやキャンペーンは、メルマガやLINEでお知らせしたり、時間軸の設定を分かりやすく、見やすく掲出できるように設計し情報リーチ時間を24時間と想定して、設計しています。

3)店長さんがいる

→オンラインショップやデパートにはない競合との差別化といえば、店長という「専門性」と「信頼性」を持つ人がいるのが、なんといっても1番の魅力です。

※売場の臨場感や温度感は、店長が接客するように発信する情報によって伝わる。テナント本部PR者や広告代理店では表現しきれない魅力を店長さんなら伝えられる。また店長は、自店のお客さまやマーケットを誰よりも知っている。SCの最大限のリソース「店長」が主役の情報発信システムは、競合との差別化として非常に魅力的です。(でも写真がセンスないでしょ?)(みたいなことを思っている人は、オンラインショップをよく見てください。DB情報が掲出するサイトの画一性を)(またTOPページだけ見て、どこも同じだと思っている方、TOPページへのアクセス割合は5%以下なんです。その数パーセントのページは、ほぼその施設名を知っているか関係者がよく見ているページで、初めてアクセスしている人の割合は非常に少ないんです)

SCのサイトへアクセスする人の80%は、「購入先が決まっていない」「行き先が決まっていない」「何を購入するか決まっていない」といった見込み客です。店長さんの発信する情報で取り逃がしや新しいトレンドニーズを吸収してネット販促の効果を実感できるようになります。

 4)スマホ&SNSで利用されやすい

→実体験した利用者が拡散してくれる。評価してくれる。レコメンドしてくれる。今この時のニュースを教えてくれる・・・こんなSNS利用者との相互送客=親和性を生みやすい施設やサービスというのも魅力。それには店長さんもどこからでも、いつでも更新できるユーザビリティが必須です。SCに関わる人が、隙間時間で情報チェックしたり、更新したりできるようにしておかないと、非効率な時間や手間が増えるばかりです。

※だから24時間アクセスした時、情報がライブであること。pdfでなにが情報か分からないような掲出形式は機会ロス!片手で見ているお客さまにスマホで伝わらなければ消費者にはリーチできない。スマホの見やすさを考慮したインターフェイスの設計とライブな生きた情報のページが自動生成されなければ、SCの魅力は伝わらない。また、SNSやLINEから送客するランディングページがあることが大事。逆に言えばリンクの貼っていないSNS活用はお客さまにも不便です。

お客さまも、テナントスタッフもデベロッパーさんも自SCのサイトを見るだけで、売り場の状況を把握し、SCの魅力発信に参加していく。特段の手間やスキルは不要です。何秒という隙間時間を使ってできる小さなアクションです。

今回1/23の弊社プレゼンテーションで登壇いただく店長さん達は、デベロッパーさんから「いつも見ていますよ」「今日のコーデいいねえ」など声をかけられることが、継続していく上で励みになっているそうです。テナント企業との交流や情報交換に、店長さんへのモチベーションアップにwebサイトを利用し、「みんなで盛り上げて」いきたいですね。

●「SES」の詳しい情報はこちらから>>

●SCビジネスフェアの出展情報はこちらから>>