コマースLAB > SESレポート

早さ、詳しさに商機あり!福袋紹介「基本と応用」

年々いろいろなものの立ち上がりが早くなっていますが…
今年もあっという間にwebサイトでは、福袋の販売PR&ユーザーの検索が佳境です。
ECサイトでは、駅ビルのECサイトで予約販売がスタートし、大型ECモールでも
予約販売は今週末までがピークの様子です。

SC(ショッピングセンター)でも、福袋の予約を受け付けるテナントが
増えている中、「早く!くわしい福袋情報」をショップページに公開してみましょう。

<基本:福袋コピーの5か条>
コマースでは例年、福袋のPRに欠かせないコピーとして、下記5項目を
コピーに取り入れる様、ハウツーを提供しています。

  • 西暦2019(西暦)の明記
  • 中身の詳細、点数、〇円相当:福袋の特長
  • サイズ:大きい(小さい)サイズ展開、キッズ、食品等の内容量…
  • 準備個数・予約有無
  • ブランド名、メーカー名、TV・雑誌掲載など

テナント本部から配布される、販促POPには、しっかり全項目が
コピーに入っています。
それを活字にして、ショップページに更新すれば、検索エンジンを経由して
お客様を集められます。

<応用:写真撮影>

年末、年始と店頭はにぎわいます。接客や商品整理に忙しい中ですが、
「福袋」「ハッピーバッグ」の紹介で「福袋コーデ」一式を
トルソーに着せたりなど店頭での工夫が目をひきます。
ショップページでも、トルソーに一式着せて、ハッピーバッグの袋を
持たせたり、スタッフが着用して登場してみたり、毎年工夫をこらした
福袋紹介&ショップページ更新が見られます!

写真は今年の初売りの店頭の様子ですが、目をひく演出ですね!

福袋はSCやブランドにより、年々来館数や消化数が縮小化している傾向も
ありますが、早くからネットで情報収集する利用者はたくさんいます。
初売りで来店するお客さまに向け、SCサイトでの「福袋紹介」、
力を入れてみませんか?